熱交換器スケールが蓄積すると、流体である水の流れが悪くなり熱交換の効率が下がってしまうため定期的に除去しなければなりません。水中に含まれる炭酸カルシウムなどが析出した熱交換器スケールは、非常に硬く水に溶けにくい性質があるため金属製の工具などでも簡単には除去できません。熱交換器スケールは酸性の物質に弱いので強酸性の洗浄液を使用するのが一般的ですが、洗浄液は危険性も高いので慎重に扱う必要があります。薬剤を使って洗浄や注入を行う場合は、人体や環境への影響に配慮するだけでなく機器や配管の損傷を防ぐため濃度に気を付けることが大切です。

熱交換器スケールを除去する方法には様々なものがありますが、赤錆剥離・除去電磁気装置を使うと維持費を安く抑えるだけでなく継続的な効果が得られます。この装置は薬剤を全く使わないの安全性が高く、定期的なメンテナンスが不要で赤錆にも効果があります。設備を停止せずに簡単に装置を装着できるというメリットもありますが、即効性が低いというデメリットも存在します。蓄積した熱交換器スケールを素早く除去したいのであれば、薬剤による洗浄がおすすめです。

劇物である薬剤を使うので即効性が高く、作業後には明確な効果を実感できます。ただしこの方法には効果の継続性が低く、設備を停止しなければならないというデメリットがあります。薬剤を注入する方法であれば、効果の継続性が高く設備を停止せずに作業を行うことができます。熱交換器スケールのことならこちら