熱交換器スケールを除去する方法には様々なものがあるので即効性やコスト、安全性などを考慮して最適なものを選ぶとよいでしょう。赤錆剥離・除去電磁気装置を使って熱交換器スケールを除去する場合、ランニングコストが安く効果の継続性が高いというメリットがあります。この装置は薬剤を全く使わないため安全性も高く、定期的なメンテナンスを行わなくても大丈夫です。さらに熱交換器スケールだけでなく赤錆に対しても高い効果を発揮します。

ただし即効性が低いので、素早く効果を実感したい場合には薬剤洗浄を行うとよいでしょう。薬剤洗浄は即効性が高く作業の前後で明確に効果を認識できるというメリットがありますが、設備を停止して作業を行わなければなりません。また効果の継続が低く人件費がかかるだけでなく、薬剤が劇物なので危険性が高いというデメリットも存在します。薬剤の濃度を誤ると機器や配管の損傷する可能性があるので注意が必要です。

薬剤を注入する方法ならば設備を停止しなくても作業を行うことができ、洗浄の場合よりも危険性が軽くなります。効果の継続性が高く管理の手間を省くことができるというメリットも存在します。薬剤を注入する方法は洗浄よりも安全ですが、薬剤は人体や環境への負荷が大きく濃度と誤ると機器や配管を損傷する可能性があるので注意しなければなりません。ろ過器を使う方法は導入と維持にコストがかかりますが、原因となる成分を根本的に除去するのでスケールが発生しなくなります。

この方法を採用すると水質自体が改善され、スケール対策以外の副次的な効果が得られます。