熱交換器スケールは厚く蓄積する前に適切な方法で除去しないと、装置が故障してしまう可能性があります。全ての物質には水に溶ける量に上限がありますが、上限を超えた物質は熱交換器スケールとして蓄積します。水中には炭酸カルシウムや硫酸カルシウム、シリカなどの無機塩類が含まれており水の循環と蒸発を繰り返すと装置の内壁にスケールとなって付着することになります。熱交換器スケールは硬くて水に溶けにくい性質があり人力で削り落とすのは困難なので、早期に除去しなければなりません。

なるべくコストを抑えて溜まったスケールを除去したいのであれば、赤錆剥離・除去電磁気装置を使うとよいでしょう。この装置を使った場合には維持費を抑えることができるだけでなく、メンテナンスをする必要がありません。薬品を使わないため安全に作業ができ、設備を停止しなくても大丈夫です。さらに熱交換器スケールだけでなく赤錆を除去できるというメリットもあります。

赤錆剥離・除去電磁気装置はコストを抑えて安全にスケールを除去できますが、即効性が低いというデメリットも存在します。より迅速にスケールを除去したいのであれば、薬剤を使った洗浄がおすすめです。薬剤を使って装置内部の洗浄を行うと、即効性が高いためすぐに効果を実感できます。ただし薬品は劇物なので、人体と環境への影響を配慮して慎重に作業を行う必要があります。

薬剤を注入する方法は管理の手間が少なく設備も停止せずに作業が可能であり、洗浄と比べて安全性が高いというメリットが存在します。リスクを抑えてスケールを除去したい場合には、洗浄ではなく薬剤の注入がおすすめです。