熱交換器は使っていると熱交換器スケールが溜まります。スケールは水の中に含まれるミネラル分が析出した物です。つまり、鉱物であるため、熱交換器スケールはとても硬いです。少しこすった程度では取り除くことができません。

ちなみに、それを放置していると熱交換器の性能が発揮できなくなったり故障の原因になったりします。また、熱伝導率が熱交換器スケールの影響で下がれば、使用するエネルギーの量も増大するので、燃料代もかかってしまいます。突然故障してラインを止めなければならなくなると、損失はとても大きいです。したがって、定期的に取り除くためのメンテナンスを行い、常に最良の状態で動くようにしておきましょう。

スケールを除去するには、専用の洗浄液を使います。ミネラルはアルカリ性の洗剤では取り除けないので、強酸性の性質を持った物が使われています。強酸性の洗浄液は化学反応によってミネラルを溶かすので、コンクリートのように固かったとしても、取り除くことが可能です。メンテナンスは、定期的に行うのがポイントです。

時間が経過してからだと、洗浄液を使っても取り除けなくなることがあります。さほど固着していない状態であれば、すっきりきれいにすることができます。業者によっては定期メンテナンスサービスを提供するので、きちんとした技術のある業者に依頼したい場合は、そちらを活用すると良いです。プロに任せれば確実に取り除くことができるはずです。