日阪は1941年に設立された老舗の産業機械メーカーで、1953年には日本で初めてプレート式熱交換器を開発しました。プレート式熱交換器は伝熱部に複雑な形状の薄板を使っており、高い伝熱性能を備えています。乱流効果が得られるため総括伝熱係数が多管式などに比べて大きく、軽量コンパクトなので様々な用途に使うことができます。このタイプの熱交換器は乱流効果によって表面に汚れが付着しにくいというメリットもあります。

フレーム自体にメンテナンスのためのスペースを備えており、設置面積が小さく様々な場所に導入できます。このタイプの熱交換器はステンレス鋼やチタンなどの耐食金属の薄板を成形して伝熱プレートにします。シール用ガスケットを設置し、プレート懸垂用のガイドカバーを備えた固定・移動フレームの間に伝熱プレートを積層してボルトで締め付けます。伝熱プレート感に間隙が設けられていて、高温と低温流体が1枚置きに流れ基本的に対向流を形成します。

日阪は国産プレート式熱交換器のパイオニアであり、現在でも最新のプレートパターン開発による伝熱性能の向上に取り組んでいます。同社は長年にわたって高品質な製品を製造・販売し続けてきましたが、近年では積極的な熱ソリューションの提案も行うようになりました。経験豊富なスタッフが性能を最大限に引き出す最適設計手法や、より理想的な使用条件などを提案してくれます。日阪では主力商品であるプレート式熱交換器の引取りメンテナンスサービスを行うなど、カスタマーサポートにも力を入れているので安心して製品を使い続けることができます。

日阪のことならこちら