日阪と聞いたとき、プレート式熱交換器をはじめ、調理殺菌装置や滅菌装置、染色仕上機械やボールバルブなどの専門メーカーだとイメージする人はその業界の中で仕事をしている人といっても良いのではないでしょうか。日阪は、衣・食・住・医・エネルギーなどの分野で活躍している企業の一つでもあり、こちらの企業が提供する製品は衣食住や医療の分野において欠かすことができないもの、中でも熱交換器などは比較的身近に存在している日阪の製品の一つといえましょう。オール電化住宅は、電気エネルギーだけで住居内の様々な設備を稼働させるもので、基本的にはガスを使わない電気のみの住協スタイルの総称です。ガスを使わないので空気が汚れないなどの環境面においてのメリットの他にも、ガス料金の一つでもある基本料金がかからないといった利点もあります。

日阪の熱交換器は、プレート式熱交換器と呼ばれる製品で様々な産業のプロセスの中で必要不可欠な存在になる製品を業界内に放出しています。このプレート式熱交換器には、高い伝熱係数やセルフクリーニング効果、コンパクト化や高い熱交換効率、伝熱面積の増減が可能など様々な特色があるといいます。高い伝熱係数およびフレームそのものに、メンテナンススペースの確保は設置面積を小さくすることができるメリットにも繋がります。また、乱流効果を得ることができるよう総括伝熱係数が多管式と比べてみても非常に大きく、乱流効果はプレート表面への汚れ付着を防止できるなどトータル的なメリットを持つ製品を数多く登場させています。