日阪が大阪府大阪市北区に本社のある老舗の産業機械メーカーで、1941年に創業されました。この会社は各種産業機械の製造・販売を行っており、特にプレート式熱交換器と染色機械のシェアは日本国内でトップクラスです。食品や医薬品など生活産業機器の分野にも力を入れており、同社のボールバルブは高性能なため市場で高いシェアを占めています。日阪は1953年に日本国内で初めてプレート式熱交換器を開発したパイオニアであり、現在でも優れた製品を作り続けている会社です。

同社の熱交換器事業本部では、最新のプレートパターン開発による伝熱性能の向上に取り組んでいます。また経験と技術を活かしてコストダウンを図る一方で徹底した品質管理を行っており、多くの企業に製品を納品してきた実績があります。同社の熱交換器には超小型からスーパージャンボまで様々なタイプがあり、顧客の要望に的確に対応することが可能です。日阪は創業して以来、長年にわたって物質的な価値を提供するコンポーネントビジネスを行ってきました。

近年では意味的な価値を持つ熱ソリューションを提案するビジネスモデルへの転換を図っています。同社には5つの主力事業に加えてエンジニア集団が存在しており、マトリクス組織が顧客の状況に応じた最適な解決案を提案してくれます。プレート式熱交換器のパイオニアとして優れた製品を提供するだけでなく、製品を最大限に活用するための充実したサポートを行っている点に同社の大きな特徴があります。