日阪は1941年に創業された大阪にある老舗の産業機械メーカーで、1953年には国内で初めてプレート式熱交換器を開発しました。同社は国産プレート式熱交換器のパイオニアであり、日頃から技術革新に取り組んでいます。超小型からスーパージャンボまで様々なタイプの熱交換器を揃えており、顧客からの要望に柔軟な対応が可能です。同社は新たなプレートパターンの開発よる伝熱性能の向上に挑戦するだけでなく、経験と技術を活かしたコストダウンを図っています。

徹底した品質管理も行われており、様々な産業に属する企業に高品質な製品を提供してきました。日阪は長年にわたって優れた製品を製造し続けてきましたが、近年ではビジネスモデルの転換を図っています。たんに高品質な製品を提供するだけでなく、顧客の状況に応じて最適な熱ソリューションを提案してくれます。プレート式熱交換器が活躍する様々なフィールドやアプリケーション事例の他にも、性能を最大限に発揮するための設計手法などの提案が行われています。

日阪では技術の革新に取り組む一方で顧客の手厚いサポートに力を入れており、充実したカスタマーサービスが受けられます。主力商品であるプレート式熱交換器は引取りメンテナンスサービスがあり、予備部品の提供や現地作業員の派遣などのアフターサービスも行っています。現場での性能測定や無開放洗浄などメンテナンスオプションも豊富に用意されており、熱交換器を安心して使い続けることができます。