日阪は大阪に本社を構える、産業機械製造販売業の会社です。創業が1942年という長い歴史を誇り、これまで染色仕上機器やプレート式熱交換器あるいはレトルト調理殺菌装置やボールバルブなどの製品において、数多くの豊富な実績を残しています。特にプレート式熱交換器については、1953年に国内で最初に開発しており、まさに業界ではパイオニア的な存在と言えます。プレート式熱交換器は生産ラインやボイラーなど、様々な産業分野では欠かせない機器であり、日阪の製品もあらゆる産業現場で活躍しています。

プレート式タイプの優れている点といえば、やはり熱効率の高さでしょう。プレートをヘリンボンパターンなどの波形状にした、乱流促進構造が大きな特徴。これにより伝熱プレートを通過する流体を意図的に複雑にすることから、全体的に温度が均一化すると同時に、熱交換の妨げになる流れのない膜も抑制し、コンスタントに安定した熱供給が可能になります。またこのタイプの熱交換器は可動部や部品が少なくコンパクトな上、自己洗浄機能もあることによって、故障やトラブルが発生しにくい点も、見逃せないポイントです。

特に自己洗浄機能については、乱流促進構造がスケール付着を極力抑制するので、熱効率の低下や配管の貫通割れ、あるいはプレートガスケットの経年劣化といった、様々な異常を未然に防止することが可能になります。さらに日阪ではメンテナンスのサービスも魅力。設計はもちろんメンテナンスについても十分に熟知したエンジニアが担当するので、スピーディーかつ的確そして安全にサービスを提供します。