水中に含まれる不純物を取り除くろ過器には砂利やガラス製のフィルターを使うタイプの他に、マルチサイクロンと呼ばれるタイプが存在します。砂利やガラス製のフィルターを使うタイプとマルチサイクロンでは仕組みが全く異なりますが、水中の不純物を除去する働きは同じです。汚水や汚泥の処理場では砂利をフィルターにするタイプが広く採用されています。このタイプは緩速ろ過と呼ばれており、多層にした砂利に水を通す際に不純物を取り除くことができます。

砂利の中には藻類や微生物なども含まれており、不純物だけでなく菌類なども一緒に取り除かれるという特徴があります。このタイプのろ過器は薬品を使わずに不純物を除去できるものの、濁り過ぎた水を浄化しようとするとフィルターが壊れることがあります。ろ過に時間がかかり、不純物が蓄積したフィルターを頻繁に交換しなければならないというデメリットも存在します。ガラス製のフィルターを使うタイプのろ過器はグラスパールフィルターと呼ばれており、性能が優れているだけでなく頻繁にメンテナンスを行う必要がありません。

内部の汚れを排出して綺麗な状態を維持できるというメリットがあります。マルチサイクロンは内部に複数のサイクロンが配置されており、水が流れ込むと激しく回転して強い遠心力を発生させます。遠心力によって不純物が分離されて下部にある透明なタンクに溜まりますが、ドレンバルブを開けば排出できます。マルチサイクロンは優れた性能を備えているだけでなく、メンテナンスフリーなので使いやすいという特徴があります。