熱交換器を使用していて、設置したときよりも効率が悪いように感じる際、配管内のスケールの付着が原因かもしれません。熱交換器の配管内にスケールが付着することに関し、まずなぜ状態が起こるかの原因としては、同じ設備を繰り返し使用するため溶けきれなくなったミネラル成分が内部に付着して固まったものがスケールです。問題の解決方法としては、使用をし続けても悪影響が出ないようにするため、熱交換器の配管は定期的に洗浄してスケールを除去する点が挙げられます。熱交換器には冷却水が使われており、冷却水自体は交換するものです。

熱交換器スケールと無関係に感じられるようでも、冷却水が滞留している箇所にはスケールができやすく、配管が詰まってしまう場合も起こりえます。熱交換器スケールを除去する際に、専用の洗浄液を使用するのが一般的といえます。専門店など実店舗によって以外もインターネットで熱交換器スケールを探すことが容易です。どこでどんな商品を選ぶにもポイントがありますが、たとえば多くが強酸性の洗浄液で落とすことができますが、強酸性の洗浄液は危険度も高いため注意をはらいながら扱う必要があります。

除去の蓄積の量や性質の他、設備自体も問題の起こらないよう洗浄液を決めるということも重要です。シェルアンドチューブ型やプレート型など、洗浄対象となる熱交換器の形状や材質、汚れ具合や設置状況を調査をはじめ、業者に依頼をする方法も安心です。