熱交換器スケールはこまめに取り除かないと本来の機能を発揮することができません。製造業において熱交換器スケールは欠かすことができないものです。これは人間が発明したものではありません。自然界に存在するものを応用したものです。

たとえば極寒地方に住む鳥は氷の上を歩きます。動物は人間のように靴を履きませんが、なぜ足が凍傷にならないのでしょうか。それは彼らの足に秘密があります。熱交換器システムが自動に備わっているからです。

氷で冷やされた血液は心臓方向へと流れていきます。一方で心臓方向から暖められた血液が足元に流れてきます。ですから足元は常に温かい状態を保つことが可能です。残念ながら人間には熱交換器システムが備わっていません。

ですから、冬は毛糸の靴下を履きます。冷えは足元から来ると言われるように、極寒地方では靴底の厚いブーツをはきます。人間は自然界から熱交換器について学んできました。それらは生活や工業の面で使われています。

自然の叡智から学ぶことはとてもたくさんあることは驚きです。熱交換器スケールは汚れと同じなので、除去しないと本体が壊れてしまいます。電気ポットの内側に石灰のようなものが付着することがあります。それはカルシウムの一種であり、水道水に含まれています。

スケールもそれと同様であり、化学薬品で除去しなければいけません。本体を傷つけない化学薬品を使うことがポイントです。定期的に手入れをするなら長持ちします。