ボイラーや蒸発生成器あるいは復水器や製造ラインといったように、大量かつコンスタントな熱供給を必要とする産業現場では、熱交換器を導入しているケースが少なくありません。産業現場によっては年間を通じてフル稼働しているケースも見られます。このように汎用性の高い熱交換器では経年劣化も進みやすいため、普段から定期的な点検を徹底し、必要であればメンテナンスも実施しなければなりません。特に長期にわたり稼働し続けていると、熱交換器スケールが内部に蓄積していくのが通常です。

ちなみにスケールとは流体に溶け込んだ、カルシウムやマグネシウムなどの不純物が析出したもの。これが熱交換器の配管やプレート等に固着して蓄積すると、熱交換の効率を妨げて、結果的には産業現場へ安定した熱供給ができなくなるおそれがあります。それだけでなく、熱交換器スケールが蓄積した箇所から腐食や亀裂が発生し、そこから水漏れでもすれば、周囲の機器や水道設備などにもダメージを与え、産業現場全体に深刻な影響を及ぼすこともあり得ます。このようなリスクを招かないためにも、定期点検を欠かすことなく実施し、少しでも異常を認めたら、直ちにメンテナンスへ移行することが重要です。

また機器の導入段階で、熱交換器スケールが発生し難いタイプを採用することも、リスク回避には大いに役立ちます。例えばプレート式熱交換器であれば、流体促進構造という独自の仕組みで、稼働中でも自己洗浄機能が働き、スケールによるトラブルの軽減が期待できます。