スケールとは、水中に含まれるカルシウムやシリカなどの無機塩類が析出して熱交換器などの内壁に付着したものです。熱交換器などの内部では水が何度も循環して蒸発を繰り返すため、急速に無機塩類が濃縮されてスケールとなって蓄積します。スケールは硬くて水に溶けにくいので、金属製の工具などを使っても人力で削り落とすのは困難です。ろ過器や軟水器などを使えば無機塩類を除去してスケールの発生自体を防ぐことができますが、導入と維持に多額の費用がかかります。

時間的な余裕がありなるべく費用をかけずにスケール対策を講じたいのであれば、赤錆剥離・除去電磁気装置を導入することも考えられます。この装置は赤錆にも効果があり、維持費が安くメンテナンスをしなくても性能を維持できます。効果の継続性が優れていて薬品を使わないため安全ですが、即効性が低いというデメリットも存在します。蓄積したスケールを素早く除去したい場合には、塩酸など強酸性の洗浄液を使うと良いでしょう。

スケールを物理的に工具などで除去するのは困難ですが、強酸性の洗浄液を使えば短時間で溶かすことができます。特に塩酸ベースのデスケーラーは強酸性でありながら安全性も優れており、触れても怪我をする心配は不要です。デスケーラーがカルシウムを溶かす速度は世界最速で、一般的な強酸性の洗浄液より5倍も早くスケールを除去できます。さらにデスケーラーには金属の腐食性が少なく、洗浄後に処理液を使う必要がありません。

洗浄力と安全性を両立したデスケーラーは、スケール対策に最適な洗浄液です。