デスケーラーは熱交換器の洗浄メンテナンスに最適な強酸性の洗浄液で、クーリングタワーや船舶などにも使われています。塩酸がベースとなっていて強酸性ですが、安全性が優れているため素手で触れても問題はありません。洗浄作業はゴム手袋を着用して行うものの、万が一皮膚に付着したとしても怪我を負うことはなく水ですぐに洗い流せます。熱交換器など水を流体として通す装置を使い続けていると、内部に無機塩類がスケールとなって蓄積し故障の原因になります。

デスケーラーを使えば硬くて水に溶けにくいスケールも、安全に素早く取り除くことが可能です。強酸性の洗浄液はスケールの原因となるカルシウムやマグネシウム、シリカなどを短時間で溶かすことができます。しかし一般的な洗浄液は人体や環境への影響が大きいだけでなく、金属を腐食させてしまうというデメリットがあります。腐食性の強い洗浄液は、スケールを取り除いた後で処理液を使って中和しなければなりません。

デスケーラーは人体や環境に優しく、金属の腐食性が小さいというメリットがあります。濃度を間違えて機器を損傷することがなく、洗浄後の中和処理も不要なので効率的です。デスケーラーは塩酸をベースとして開発されたpH0.6の洗浄液ですが、安全性が確保されていて環境にも配慮した設計になっています。生分解性を備えていて水中の微生物によって素早く分解されるため、工場で熱交換器などの洗浄に使用しても環境汚染の心配はありません。

熱交換器などのスケールを除去するのに最適な洗浄液を探しているのであれば、洗浄力と安全性を兼ね備えたデスケーラーがおすすめです。