熱交換器はプレート式が人気ですが他にも空冷式やシェル&チューブ式、投げ込み式などの種類があります。プレート式は重ねた伝熱プレートの間を、高温と低温の流体が交互に流れて熱交換を行います。このタイプは熱伝導率が非常に優れており、高温側の入口温度と低温側の出口温度を1度差まで近付けることができます。プレート式熱交換器にはブレージング式とガスケット式があり、前者は分解できませんが小型で低コストというメリットがあります。

後者は分解可能なため、メンテナンスやプレート枚数の増減を容易に行うことができます。ガスケット式はブレージング式と比べると多少大型ですが、他のタイプと比べるとコンパクトです。空冷式は電源と周囲の空気以外にインフラを用意する必要がなく、設置場所の自由度が高いというメリットがあります。このタイプはランニングコストとメンテナンスコストが安く、環境性も優れています。

ただし気温以下への冷却ができず、空気と液体の気温差が小さいと効率が低下します。屋外でも設置可能ですが、大型なのである程度の広さの敷地を確保する必要があります。シェル&チューブ式は様々な温度や圧力の他に、加熱・冷却や蒸発・凝縮にも対応できます。メンテナンスが比較的容易で分解可能な機種もありますが、プレート式と比べると大型です。

投げ込み式は導入が容易でコストが安く、タンクのサイズに合わせた設計が可能です。熱伝導率が低く撹拌機が必要になり、交換熱量の予測が難しいなどのデメリットも存在します。各熱交換器のメリットとデメリットを比較して、条件に合ったものを選ぶと効率的に製品を製造できます。熱交換器のことならこちら