アルカリ洗浄液は油やタンパク質による汚れに強いという特徴がありますが、液性が強くなるほど洗浄力と危険性が増します。またアルミニウムを腐食させる性質があるためアルミ製品に付着した汚れには使用できません。アルカリ性の洗浄液を使うのであれば汚れの種類や場所、程度などに応じて最適なものを選ぶ必要があります。厚く堆積した汚れを除去するには、強アルカリ性の水酸化ナトリウムなどが有効です。

水酸化ナトリウムは薬局などでも販売されており、個人でも購入できます。危険性が高いので保護具を着用するなど安全対策を講じた上で使用すれば、頑固な油汚れも効率的に落とせます。一般家庭のキッチンやリビングで生じる軽い油やタンパク質による汚れには、重曹水やセスキ炭酸ソーダなどのアルカリ洗浄液がおすすめです。重曹水やセスキ炭酸ソーダなど弱アルカリ性の洗浄液でも、軽度の汚れならば効果的に取り除くことができます。

特に重曹は二酸化炭素や食塩など自然由来の成分で作られており、お風呂の入浴剤や料理のふくらし粉などにも使われていて安全です。中性洗剤を使っても落とせない油やタンパク質による汚れがある場合には、重曹水を試してみるとよいでしょう。厚く堆積した油やタンパク質による汚れを安全かつ効率的に落としたいのであれば、洗浄力と安全性を両立したタイプのアルカリ洗浄液がおすすめです。市販の洗浄液には洗浄力と安全性を両立し、アルミニウムを腐食させない万能タイプも存在します。

このタイプの洗浄液は様々な汚れに対応可能なだけでなく、安全性は石鹸水とほぼ同じで触れても怪我をすることがないので安心です。