アルカリ洗浄液は重曹水など液性の弱いものから、水酸化ナトリウムのように劇物に指定されているものまで様々です。液性が強くなるほど洗浄力が増すものの、同時に危険性も増すので慎重に扱わなければなりません。一般家庭で生じる軽度の油汚れやタンパク質汚れには、まず中性洗浄液を試してみるとよいでしょう。中性洗浄液で対応できない場合には、重曹水など弱アルカリ性の洗浄液を使うと安全かつ効率的に落とすことができます。

ただしアルカリ洗浄液は、液性に関わらずアルミニウムを腐食させる性質があるので注意が必要です。アルカリ洗浄液はアルミニウムを腐食させてしまうので、基本的に鍋などアルミ製品に付着した汚れには使用できません。市販の洗浄液にはアルミニウムを腐食させない強アルカリ性の洗浄液も存在します。強アルカリ性でありながら劇物ではなく、安全性が優れていてアルミ製品にも使用できます。

頑固な油汚れやタンパク質汚れを安全に落としたいのであれば、洗浄力と安全性を兼ね備えたタイプを試してみるとよいでしょう。一般的にアルカリ洗浄液は液性が強くなるほど危険性が増すため、水酸化ナトリウムのような劇物を使う場合には十分な安全対策が必要です。皮膚に付着して壊死したり目に入って失明したりしないようにゴム手袋やマスク、ゴーグルなどの保護具を着用します。状況に応じて最適な性能を備えたアルカリ洗浄液を選び、安全対策を講じた上で使用すれば効率的に汚れを落とすことができます。