アルカリ洗浄液は、油汚れやタンパク質に由来した汚れを落としを得意としています。しつこい油汚れやタンパク質に由来した汚れは中性洗浄液ではなかなか落とせません。そして、そんなときに活躍する存在こそが「アルカリ洗浄液」です。そのため、家庭用の洗剤なども多くが弱アルカリ性に分類されます。

一方で、飲食店などで見かける業務用の場合アルカリ性が家庭より強めであることが多いです。また、工場などの設備には油汚れが付着しやすいので、そのような製造業の現場においてもアルカリ洗浄液が活躍しています。ただ、その洗浄力は万能ではありません。水垢や尿石、サビなどの汚れを落とすのは得意ではありません。

さらに、アルミニウムを溶かす性質がある点にも注意が必要です。加えて、人の皮膚はタンパク質でできているのでアルカリ洗浄液から悪い影響を受けやすい傾向にあります。そのため、その利用にあたっては素手で触れないようにするのが好ましいと言われています。特に強アルカリ性に分類されるアルカリ洗浄液を素手で触れてしまうと、皮膚が溶けてしまうかもしれません。

強アルカリ性に分類されている洗浄液の使用にあたっては、十分注意して慎重に取り扱いましょう。万が一素手で触れてしまった場合は大量の水でしっかりと洗い流す必要があります。また、強力な洗浄液であるがゆえに環境や安全性への考慮から使用が制限されていることがあります。ルールに従った使用を心がけましょう。